豊松吉工業

豊松吉工業

豊な未来に貢献する

当社は、日々進歩する施工技術の発展に応えながら、工事を完成させてきました。
技術者としての誇りが、高い施工管理能力につながり高い評価を頂いております。


施工技術

ワイヤーソー工法・全周回転型オールケーシング工法

ワイヤーソー工法・全周回転型オールケーシング工法

岩見沢石狩線 岩見沢大橋架換(旧橋解体)工事3工区

当工事は、橋脚柱を「ワイヤーソー工法」で、基礎を「全周回転型オールケーシング工法」で解体しました。
「ワイヤーソー工法」は、ダイヤモンドワイヤーでコンクリートを切断・分割しブロック状にして、クレーンで吊上げ撤去する工法です。
「全周回転型オールケーシング工法」は基礎にケーシングを回転させながら圧入し、
ハンマーグラブにてケーシング内を掘削してコンクリートを撤去する工法です。
これらの工法の採用により、河川へコンクリート殻の飛散がなく、河川環境を守る事が出来ました。


ケーブルエレクション工法

ケーブルエレクション工法

市道福住平岸線平班橋架換(上部工)(国債)工事

「ケーブルエレクション工法」は、鋼橋架設工法のひとつでケーブルを利用し架設していきます。
ケーブルエレクション工法には、「斜吊り」と「直吊り」のふたつの工法があります。
当工事は、両岸に建てた鉄塔から斜めケーブルでアーチ部から先行して架設する「斜吊り」を採用しています。
周囲の景観と調和したすばらしいアーチ橋が完成しました。


↑PAGE TOP
Copyright© 2014–2017 HORI Group 堀グループ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ