豊松吉工業

技術・品質・環境

技術方針

技術・品質・環境
技術・品質・環境

監理能力向上のため以下の事項を推進します。
また、技術的に優位な分野への特化と新たな技術推進による競争力アップを目指します。

1.建設CALSに応じた監理サイクルのシステム化
2.技術能力向上のための養成システム
3.品質・安全・環境の各監理指標の確立
4.社内検査体制の一層の充実

品質マネジメントシステム (ISO9001)

品質マネジメントシステム (ISO9001)

品質方針:
人と資源を活用し、会社一丸となってお客様に喜ばれる質の高いサービスを提供する。

当社は、2002年4月に品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)を取得しました。
以来、システムの継続的改善による品質確保に努めてます。

環境マネジメントシステム (ISO14001)

環境マネジメントシステム (ISO14001)

環境方針:
豊松吉工業株式会社は、私たちの地球が健康であり続けることが人類共通の最重要課題であることを認識し、
当社が施工する土木工事(道路・橋梁・土工・水道施設等の土木工事)を通じて社会に貢献すると共に、
私たちの地球をより良い環境で未来の人類次世代に引き渡すために、地球環境保全と環境負荷の低減に努力します。

1.ISO14001の規格要求事項に基づいた環境マネジメントシステムを構築し、維持し、継続改善を図り、
 技術・経済的な範囲で達成できる環境目的・目標を策定し、定期的な見直しを実施します。
2.環境保全に関する法令等を遵守し、環境負荷の低減、環境汚染の予防に努めます。
3.本社及び工事現場でのごみ分別の徹底に努め、廃棄物の発生量の抑制に努めます。
4.資源(燃料・紙)及びエネルギー(電力)の適正管理を行い使用量の削減に努めます。
5.当方針は、常に各自主体的に実行します。

労働安全衛生マネジメントシステム (OHSAS18001)

労働安全衛生マネジメントシステム (OHSAS18001)

安全方針:
人命を尊重し、働く人々の安全衛生、健康及び福祉の向上に努め『安全文化』を創造する。

当社は、2013年3月に労働衛生マネジメントシステム(OHSAS18001:2007)を取得しました。
当システムの継続的改善と無事故・無災害を目指します。


解析業務

コンクリート温度応力解析

近年、一般的なコンクリート構造物の設計・施工段階で発生するひび割れ照査を、
コンクリート温度応力解析による手法で検討することが求められる時代になってきました。
当社では受注物件に対し事前解析、検討を行いトータルにバックアップ。
品質の良いコンクリート造りを目指しています。

床版打設順序解析

当社の得意分野でもある橋梁工事では、床版コンクリートの打設順序を解析・検討し適正な施工管理を実施しています。

↑PAGE TOP
Copyright© 2014–2017 HORI Group 堀グループ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - 北海道ナビ